天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだので書く石橋本その2

書名:進化するデジタル麻雀 現代の強者に打ち勝つテクニック (マイナビ麻雀BOOKS)
著者: 石橋伸洋
目次とか:出版社のページ


この本で述べられるところの「現代流麻雀」(いわゆるデジタル麻雀)の特性や構造を利用するものであるので、まずはそれをしっかり理解する事が前提となる。

例題ごとの冒頭に「局面のテーマ」が書かれていて、それを主軸に話が展開される。
前作のように打ちながらではまず不可能であろう多数の場合分けが必要なものはそれほどなく、打ちながら現実的に実行可能な内容となっている。

第2章に関しては、違和感に気付く事が大切。
座学時はともかく、実際に打つ場合は鳴かれたりリーチがかかってから考えるのでは時間がかかりすぎるので話にならない。
だからそうなる前々で気づこうとするのが良い。
最終的に配牌まで遡る。

自分が親ならば、配牌時で136枚の内、手牌14枚+ドラ表示牌の1枚の計15枚は見える。
自分が北家なら第一自摸の時点で他家の捨て牌3枚を加えて計18枚。全体の13%が見える事となる。
いつでもとは言わないが、その時点で気づく事もある。
鳴きが入らなければ一巡ごとに4枚分の情報が増えていき、段々と他家の方向性や手の内も絞れてくる。
そうすれば違和感があれば気づきやすくもなる。


自分ならこの順で読むかなと。

前作第1章、前作第3章、今作第1章、前作第2章、今作第2章、今作第3章

単に細かいのを後回しにしているだけだがw


この本に限らないが、ドラはそのものが表示されているためドラ表示牌が何かを忘れがちになるので、枚数のカウント時によく数え忘れる。


不満点としては、4つのルールを扱っている事。

例題数は全部で41で内訳はこう。

オーソドックスルール:24
天鳳名人戦実戦譜:11
天鳳ルール:5
最高位戦ルール:1 

最初見た時、なんだこりゃと思った。
天鳳本でないのだから素直にオーソドックスルールのみで十分だろうと。
たぶん天鳳ユーザーも考慮したのだろう。

ちなみに、まえがきでは多様なルールを使う事に触れている。
内容的にルールの違いはあまり関係ない事も多いので言うほど問題は無いっちゃあ無い。ルールの差で無く「局面のテーマ」で読めばよいので。
それならなおの事、ルールの違いを持ち出す必要は無かったんじゃね?と思う。
スポンサーサイト

ASAPINが二度目の天鳳位

ASAPINが二度目の天鳳位に到達。


ASAPIN 4899戦
トトリ先生19歳 3859戦
以前より1000戦早く到達している。

内訳をみるとこう

【鳳東】
試合数 696
安定段位 10.338
2014年12月が最終戦

【鳳南】
試合数 2230
安定段位 9.823
鳳東後の2015年01月以降の1046戦の安定段 11.463

今回は鳳東と鳳南のどちらかに特化して天鳳位になったのではなく合わせてなった感じか。
試合数は少ないが数字上では鳳東でも天鳳位になれる状態。


天鳳位に二回なったという実績と上記の数字的な面からも、鳳南で天鳳位になる方法論が存在する可能性はかなり高いとは言えるだろう。ASAPIN垢は成績を見ると鳳南で天鳳位になっているので。
(個人的には可能性ではなく実際にあるんじゃね?と思っている)

方法論があるという事は、それを使う事が出来れば「理屈上は」私もあなたも天鳳位になれるという事ですよ オクサンッ!

俺はASAPINの打ち方を研究していないからその方法論に関しては分からん。
この前、1回当たった際に自分の牌譜を見直すついでにちょろっと見たけど、人様の打ち方は当然それくらいで分かるようなものでもないしな。

ただ、引き出しを多用して打つ事を目指しているというのはどこかで見た事がある。
それならば、ASAPIN方法論を使うのは非常に難しいとも言える。


【引き出しとマニュアル】

以下はASAPINがどうこうでなく引き出しに関する大雑把な話。

引き出しはその場(状況・盤面)に応じて細かく適切な手法を取り出す方法。
自分だけでなく他家を含む一打ごとに変わる場合もある。

マニュアル手法は基本的に引き出しが一つ。
今の場で無く、大きな特徴に合ったものを過去の結果から統計的に決めておく。
今流行の戦略は基本的にこっち。


精度で言えば、今の場に合わせる引き出しの方がマニュアルよりも精度が良いであろう。逆に言えばマニュアルは雑。対象は今であって過去何百万試合では無いからそれは当然。
よって結果も理屈上は、引き出し > マニュアル。
トップの方ではアナログ派の方がデジタル派よりも強いという話があるが、それはこのためであろう。

ただし引き出しは難易度が高い。そして調子が狂うととんでもなく崩れる。
一方でマニュアルは明文化されて基準も決まっているので難易度が低い。判断しなくていいのだから崩れづらい。
ここで書いている難易度の違いは引き出しとマニュアル間での相対的なものね。

理屈上は結果が出せるはずでも、そもそもできなきゃ意味が無いので、トップ層以外は単純に引き出し > マニュアルとは言えなくなる。
逆にほとんどの人にとってはマニュアル > 引き出しかも。
最上位層(天鳳で言えば天鳳位レベル)で勝とうとしないかつ人間相手ならマニュアルで十分結果が出せると思う。

マニュアルの雑さを改善するためにはより細かい場合分けをすれば良いが、そうなると人間が打っている間に扱える量ではなくなる。
だからマニュアル手法を人間とコンピュータの双方が取る状態ならば人間はコンピュータに負けるようになるはず。


【成績を上げるためには】


ASAPINですらこう述べているのだから、普通の人のミスはどれだけある事やらとなるであるだろう。

原因が上手い事分類されているので使わせてもらう。

・牌理ミス
・判断ミス
これらは知識は既にあるからミスだと分かる事であり、よって知識の問題で無く実行レベルでの問題。
知識を引き出してその通りに実行する能力の問題。

・キレ打ち等
キレたら打つのを止めるようにすれば最悪でもその日はキレた1試合を捨てるだけで済む。
(ただしこれは対処療法なので最上位層を狙うなら抜本的な解決が必要。)

この3つが改善されるだけで成績は大きく違ってくるはず。
最近は多くの戦術本が出ているが、そういうのを取り入れて知識を増やさなくても(今ある知識を使うだけで)結果が出せる事が分かる。あちこちの方法論に安易に手を出す事は、引き出しが増えるだけだから逆に成績は悪化するかも。
キレ打ち等への対策は、今までも述べているが何もしなくても良い(打たなきゃ良いだけ)というお手軽手法。
このように麻雀に関わる特別な知識や技能を身に付けなくても、現状の自分の持ち駒だけでもそこそこ成績は跳ね上がるはずと。安定段なら4とか5とか。
実際にここのミスが無かったなら順位はこうなったはずという事をやってみれば、控えめに見てもそれくらいは余裕で跳ね上がる。
ただし、自分の中で明確な根拠も無く結果からここでリーチをしておけば・・・などの思い込みや、自分ができない事をできると仮定する事は除く。あくまでも自分ができる範囲で。


残り二つはこんな感じか。

・読み力の低さ
全体牌理の経験によるもの

・時間切れ
見切り力(判断力)


【爆打】

9月は成績も作っている人から見ての打ち方も駄目なので早々に切り上げて昨日から再スタート。
ただし今回は作っている人のコメントが無いので今回の改善に自信があるのかは不明。

爆打の月ごとの安定段を見ると、打ち方を変えると成績は結構上下する事が分かる。
9月が代表的だが、8月が絶好調だったのでその方向で良いと思ったのだろうが一気に駄目になったという事も起きる。
爆打はバージョンを8月に戻すことは簡単(なはず)だが、人間はそうはいかない。戻すだけでも物凄い年月がかかる事もある。
新しい打ち方に変えた後もそれがしっかりできるようになるまで同様に年月がかかる。爆打は新しい打ち方に変えればその時からその打ち方をミス無くきっちりできる。
しかし上手くなるためには打ち方を変える必要は出てくるので、上手くなりたいならそのリスクとコストは引き受ける必要はある。
天鳳では現状駄目だが、AIは複数台動かす事もできるのでその面でも人間よりも圧倒的に上達するはずだわな。
このような人間にとっての美味しい言い訳があるのだから、爆打に勝てなくても「俺も爆打と同じように打ち続けられるならとっくに天鳳位だな」と、うそぶくくらいが精神的には良いはずだよ!

途中まで読んだので書くウザク何切る本

42問くらいまで見て、感想としてはもう変わらんなと思ったので書いてみる。
いつものように書評になっていないw

書名:麻雀 傑作「何切る」300選 (三才ブックス)
著者: G・ウザク (著), 福地 誠 (編集)
目次とか:出版社のページ

1ページ3問で、ページ単位で区切れるので読むのは楽。
100ページ=100回やれば読み終わるので、読む気になった時に1ページずつ読めば適当に読み終わるはず。(解説があるので実際は2ページ。)
更にどれだけ放置しておいてもページ単位で完結しているので、次に読み始めても前の事に囚われずに済む。

という事で面倒くさがりな人も大丈夫。
分投げておいても全くロスが無いという点がポイントが高い。
普通は少し前まで読み直したりしないといけないので。


肝心の何切るの質に関しては、判断する能力が無いので分からん(゚∀゚)アヒャ
G・ウザク のツイッターブログに載っている今までの何切ると、「はじめに」(出版社のページにある)を読んで判断するのが良いよ。
どうせなら「おわりに」も無料公開してくれれば良かったと思う。


【俺の使い方】

1問をパッと見て5秒くらいで判断。その際は、理由(複数理由がある際はそれらも)に気付くようにする。1~2秒が理想。
3問連続で見る。
そのため、解説を読む事も含みで3分前後で終わるので面倒くさくない。

5秒も使って判断できないところは自分のネックだと分かる。その場合は、解説を読んだ後で考える。
実際に打つ際は時間の都合上じっくり考えて打つなんて事はできないので、本当はツモった牌を見てから5秒では長過ぎだが情報量0からの平面何切るだから一応5秒で。
感覚的には2~3秒かそれ以上に二分される。

俺は麻雀(゚∀゚)ヒャッヒャッヒャッ勢だから、お手軽に読んで適当に効果があれば良いのでこののようなスタイル。
ガチにやったら3日持たないで分投げるのは分かりきっているのでw


【最上位層はこんな感じ】

ちなみに最上位層はこういう事をやる様子。
強い人は強くなるような事をしっかりとやっているから強いという事が良く分かる。



こういう思考もする。
考えるだけで無く実際にやるのだろうからそりゃ強くなるわ。



これは上で書いた「パッと見て判断」というのと同じだね。
考えなくて良いのだからその分は他の事に使える。


天鳳の安定段計算ツール

※この記事はブログ記事の1~2番目辺りに置いています。

安定段の説明はこちら

シンプル版は、安定段計算ツールの使い方が分かる人用ですので、使い方は記載していません。


四人打ち用

鳳凰卓用 安定段計算ツール

特上卓用 安定段計算ツール

上卓用  安定段計算ツール

シンプル版安定段計算ツール(使い方の説明無し。上卓~鳳凰卓用。)


三人打ち用

三人打ち用 鳳凰卓用 安定段計算ツール

三人打ち用 特上卓用 安定段計算ツール

三人打ち用 上卓用  安定段計算ツール

三人打ち用 シンプル版安定段計算ツール(使い方の説明無し。上卓~鳳凰卓用。)


応用

安定段が現在の段位以上の場合かつ、ptが原点を割っている場合に、原点までの予想到達試合数を知りたい場合。

☆現在のptに現在の段位の原点ptを加えて、それを現在のptとして入力する。

例)六段で700ptの場合は、700+1200=1900を現在のptとして入力する。
そして、昇段まで後○○試合を、原点まで後○○試合と置き換えて見れば良い。

爆打 その8

20160831_01.png

爆打の8月分の結果が出た。
はい、お見事です。
たまに爆打の成績を見ても安定した7~8段ループ。
以前と完全に違っているみたいね。
この成績が今後も出るなら、特上(特南)で改良を続けても特上に特化するだけなので爆打を作っている人の目的からもずれる感じか。
この成績なら鳳凰で打たせた方が良いという声はこれまで以上に高まりそう。


【立直率】

良く分からんのが0.248もある立直率。
爆打はずっと高いまま。
天鳳公式のランキングページの段位戦4人打ち平均戦績を見ると分かるように、明らかにどの段位の平均とも乖離した立直率。
爆打のリーチの条件が全くわからないので数字だけで見るしかないが、殴り合っても天鳳では勝てる打ち方があるという事になるのだろう。

ただしフリーの人が天鳳を打ち始めると六段坂で苦労するという話があるので、そうだとすると爆打がしている事はフリー的な上の順位を狙う殴り合いとは違うはず。


【和了り率と放銃率】

和了り率と放銃率でみると七段以上の平均と比較すると1割は高め。
やっぱりこの面でも殴り合い。
イメージ的にはサンマ天鳳位、ヨンマ最高10段 の〓いちはら〓っぽい感じになるのかもしれん。


【爆打と打った】

今月少なくとも1回は対戦したが、打ち終わった後で牌譜を見たら相変わらず謎鳴きがあった。
無理やり意味を見出せば形テンを取りに行っている感じのような。
ただし人の目から見て変でも爆打的にはしっかりと整合性が取れているはず(勿論、整合性があるというだけでは結果に関しては何とも言えんが)。そういうのを含めての今回の成績でもある。
人間が使えるように抽出できるのかは謎。


爆打が今後も特上で打ち続けるなら、爆打をこれ以上追っても個人的には意味が無いかなという感じ。
先に述べたように特上に特化するだけなので。
外から見るだけではエッセンスの抽出も無理っぽいし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。