天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

Suphx

SuphxがMicrosoftのAIだった模様。

麻雀 AI Microsoft Suphx が人間のトッププレイヤーに匹敵する成績を達成


今回の発表に関わるツイートをざっと見ると、つのと天鳳民の感覚の乖離が見受けられるが、つのは技術屋かつ経営者であってプレイヤーでないに近いのでプレイヤー視点での肩すかしはおかしくはない。
プレイヤーとして、つののツイートに期待するのが間違いw


Suphxの成績を男冥利検索で見るとこう。

20190829_01.png

まだ数か月なので何ともだが、単純に考えるとこの推移なら安定段9は超えそう。
ということは、打っていれば特南で天鳳位にはなるか。
まあ鳳凰卓でも人間は超えるでしょ。
鳳凰卓データを使っているであろう以上は鳳凰卓にこそより適合しているはずなので。

他のAI二つと安定段に大きな差はあるので、そこは何なんだろうねという事は興味がある。


AIの強さの大きな要因の一つは、人間には無理な鉄の執行力と膨大な記憶量とそれを引き出す能力(+計算スピード)がベースだと考えているので、そこは基本的に人間がどうこうできる話ではない。
Microsoft のページでも述べられているが、麻雀は他の類似のゲームに比べて複雑等、つまり人間はよりミスをしやすいということなので、決められた通りにできるコンピュータの強みは更に増す。

「車と人間が競争して車が速い、当然でしょ」
将来的に麻雀におけるAIの評価もこれと同じようになると思う。
つまり人間と比べる対象でなくなる。

鉄の執行力=メンタルの維持と執行力に関しては、人間が出来るやり方でやる必要があるという話にはなるであろう。
麻雀の技術的には「何をやっているか分からない」の方向かと。
少なくとも明確に「こういう時はこう打つ」という答えが出る方向性にはならないのでは。
だから何となく真似すると、所詮上っ面の適当な真似なので大火傷して成績がボロボロにw


どのみちAIが人間を超えるとなると問題になってくるのがAIを使った不正。
丁寧に不正をやられたらネットでの対処は相当難しいと見ている。
リアルに出てきて打ってもらって打ち筋で判断というのは一つの対策手法。
しかしそれもリアマでは不正はしないという性善説での話。
先に人を越した囲碁や相当いいとこまで行ってるであろう将棋でも、一般のニュースレベルではあるがまともに対策をしているという話は知らない。


Microsoftは流石に麻雀が終着点ではないはず。
金にならないので。
これを見るとそうだな。



研究の入り口としては公開データが膨大にあるのと実験しやすいから天鳳が選ばれたのであって、それを別の形で使うのだろう。
だから麻雀への関わりは将来的にはそれほど深くはならないと思う。
実験場としてはそれなりに使われそうではあるが。


なんにせよ、つのはMicrosoftとの繋がりを上手い事、金にするのが良いよ!

ヌルい その1

JavaScriptを有効にしてください。
有効でない場合は、画像の下の数字ボタンをクリックしても画像が変わりませんので、正常に見ることができません。

下の「続きを読む」をクリック!
(この下に記事が表示されている場合は、そのまま読んでください。)

続きを読む

天鳳の安定段計算ツール

※この記事はブログ記事の上部(1~3番目辺り)に置いています。

安定段の説明はこちら

シンプル版は、安定段計算ツールの使い方が分かる人用ですので、使い方は記載していません。


四人打ち用

鳳凰卓用 安定段計算ツール

特上卓用 安定段計算ツール

上卓用  安定段計算ツール

シンプル版安定段計算ツール(使い方の説明無し。上卓~鳳凰卓用。)


三人打ち用

三人打ち用 鳳凰卓用 安定段計算ツール

三人打ち用 特上卓用 安定段計算ツール

三人打ち用 上卓用  安定段計算ツール

三人打ち用 シンプル版安定段計算ツール(使い方の説明無し。上卓~鳳凰卓用。)


応用

安定段が現在の段位以上の場合かつ、ptが原点を割っている場合に、原点までの予想到達試合数を知りたい場合。

☆現在のptに現在の段位の原点ptを加えて、それを現在のptとして入力する。

例)六段で700ptの場合は、700+1200=1900を現在のptとして入力する。
そして、昇段まで後○○試合を、原点まで後○○試合と置き換えて見れば良い。

天鳳のタメロン通報制度

天鳳にタメロン通報制度が出来た模様

正確には特定の場面でのみ行われる遅延行為での通報が多かったので、通報項目に「不快な遅延行為」という項目を作成したとの事。

つのブログ:通報項目に「不快な遅延行為」を追加しました。迷惑行為への通報が沢山集まるとIDが停止する場合があります。

以前から通報ページは「不正や迷惑行為を行なうプレーヤの通報を行ないます。」目的であるので、通報理由「その他」で通報自体は可能であったが、今回「不快な遅延行為」という項目が独立したと。


この件に関する意見がツイッターやブログ上で色々あったので、それらを見ながら自分なりにちょっと考えてみた。
特定の人の意見への対応という事ではないので。


・タメロンを通報できる事自体はどうよ?

天鳳=つのの管理下なので、つのが駄目と言えばそこまで。
だから問題は無いであろう。
通常時は嫌がらせ以外にタメロンの常態化の必要性が特に無いであろうから、ルール化してもおかしい事でもない。


・そもそも通報制度自体どうよ?

人数を動員すれば悪意を持ってIDを停止できるので、制度としてはザルもいいところ。
緊急性を有する場合くらいしか正当化はされんわな。
放置プレイをしてptをばら撒いている場合などか。

実際はどれくらい悪用されているかは分からんが、数回問題になった事を見た事がある程度なので、実際の運用上は十分に機能しているのだろう。


・今回の発表以前のタメロンへの対応は?

前述のように迷惑行為は元々対象であったので、対象者は既に相当数通報がなされているだろう。
今回の発表以降はしていないと主張しても、ちょっと前にやられたのを今通報したというのもアリだろうから、累計でIDを停止されても文句は言えないかなと。


・タメロン以外の遅延行為はどうよ?

まず、あからさまな牛歩はどんどん通報されていくようになるとは思う。
問題は悪意はないが普通に遅い場合。
そもそも普通ってどれくらいよという話から始まって、「自分が思う遅い奴」の名指し&通報が蔓延すると、お前もこの前遅かったじゃねえかと壮絶なお前が言うな&通報大会になりかねない。
そうなると不毛だし判断も難しいわな。

禁止されていないから時間一杯使っても文句を言われる筋合いはねえよという方向になると、タメロンも今までは天鳳システムで許された事であって、同卓者をいら立たせてミスを増やす可能性を高める有効な手法となってしまうから、そっち方向になると同じく不毛。

個人的には最高峰の対戦麻雀サイトを謳う以上は、スピードも最高峰でいいんじゃねと思っている。
少なくとも毎打じっくりと考えて打たなくてもいいだろうと。
鳳凰は速卓と超速(常にカチカチ状態)で良いと思うわ。


タメロン通報の信頼性アップの方法(結果的に使え無さそう)

局の最初から自動和了を有効にしておけば、それを解除するのはユーザーの意志によるもの。
そして見逃しなどで自動和了を解除する必要性がある場合は稀であろうし、そういう時は後で牌譜を見れば一目瞭然である。
そう考えると、例えば天鳳側で和了れる際に1秒以上和了っていない場合は記録しておくという形で、通報の信頼性の裏付けを取る事は可能。
1秒以上和了りボタンを押さない=解除している事が多いのは異常であるから十分に怪しいと。
怪しい事はしていないというならわざわざそんな事をしている事の説明をしてくれと。
レアケース時に勘違いで通報する者がいるとしても、少なくともIDを停止されるまで通報は集まらないであろう。

しかし、この場合は本当に和了りたくない場合も和了ってしまう事がある。
地和チャンスの時に平和のみで自動和了されるとか。
そういう事もあるだろうから、安全側で考えるとやはり現状の様に自動和了は無効設定にせざるを得まい。

色のかほり その1

JavaScriptを有効にしてください。
有効でない場合は、画像の下の数字ボタンをクリックしても画像が変わりませんので、正常に見ることができません。

下の「続きを読む」をクリック!
(この下に記事が表示されている場合は、そのまま読んでください。)

続きを読む