天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

爆打 その8

20160831_01.png

爆打の8月分の結果が出た。
はい、お見事です。
たまに爆打の成績を見ても安定した7~8段ループ。
以前と完全に違っているみたいね。
この成績が今後も出るなら、特上(特南)で改良を続けても特上に特化するだけなので爆打を作っている人の目的からもずれる感じか。
この成績なら鳳凰で打たせた方が良いという声はこれまで以上に高まりそう。


【立直率】

良く分からんのが0.248もある立直率。
爆打はずっと高いまま。
天鳳公式のランキングページの段位戦4人打ち平均戦績を見ると分かるように、明らかにどの段位の平均とも乖離した立直率。
爆打のリーチの条件が全くわからないので数字だけで見るしかないが、殴り合っても天鳳では勝てる打ち方があるという事になるのだろう。

ただしフリーの人が天鳳を打ち始めると六段坂で苦労するという話があるので、そうだとすると爆打がしている事はフリー的な上の順位を狙う殴り合いとは違うはず。


【和了り率と放銃率】

和了り率と放銃率でみると七段以上の平均と比較すると1割は高め。
やっぱりこの面でも殴り合い。
イメージ的にはサンマ天鳳位、ヨンマ最高10段 の〓いちはら〓っぽい感じになるのかもしれん。


【爆打と打った】

今月少なくとも1回は対戦したが、打ち終わった後で牌譜を見たら相変わらず謎鳴きがあった。
無理やり意味を見出せば形テンを取りに行っている感じのような。
ただし人の目から見て変でも爆打的にはしっかりと整合性が取れているはず(勿論、整合性があるというだけでは結果に関しては何とも言えんが)。そういうのを含めての今回の成績でもある。
人間が使えるように抽出できるのかは謎。


爆打が今後も特上で打ち続けるなら、爆打をこれ以上追っても個人的には意味が無いかなという感じ。
先に述べたように特上に特化するだけなので。
外から見るだけではエッセンスの抽出も無理っぽいし。

爆打 その7

爆打の7月分の結果が出た。
結局、八段昇段後は七段に落ちはすれども七段維持はし続けて再度八段を目指す「七段 2055pt」で終了。
予想だと今日辺りには六段に落ちたか落ちる寸前くらいだったので「あれ?」というところ。

そんな事もあり、前回「今月600試合辺りだったか、爆打の成績を見た時は安定5.2程度だった。」と書いたのは試合数の見間違いだったかと思って確認してみたが見間違いで無かった模様。

20160731_01.png

直近800戦との差分の月前半の644試合の安定段は5.2244。
前半と後半で別人だな。
トータルでは直近二か月分よりかなり良くなった様子。
やっぱり変更があったら印象で判断せずに前のバージョンとは完全に切り離して見ないと駄目だね。


という事で、来月は今月と変わる模様。
今月のように前後半で極端な違いがあるとどっちかが偏り過ぎじゃね?という気もするので、本当はもう一月打って欲しかったが、俺(人間)の感覚と異なり実はこうやって試合数を区切って見ていくと思ったよりも極端な違いがあるものなのかも知れんね。

爆打 その6

爆打が八段に到達。
これは爆打の実力なのか?

20160721_01.png
20160721_02.png

これを見ると分かるように直近の成績が非常に良い。
しかし今月600試合辺りだったか、爆打の成績を見た時は安定5.2程度だった。
そして今月の変更内容とほぼ変わらない状態での過去二か月分の成績。
爆打はアップデートされるまで打ち筋に代わりは無くブレずに打つ。

そこらを考慮すると、八段になったのは上ブレかなという判断になる。
爆打は特南安定段5台なので、また定位置の5~6段ループに戻ると推定される。
推定通り今後また安定段5台で推移するならば、3500試合程度で段位の上ブレは2は起こりうる事が証明された事になる。
下も同じくらいブレるだろうから上下6段分、安定段5台なら3~8段までは3500試合程度でブレそう。
試合数が増えればもっとブレる可能性は高まる。


【そんなにブレるなら段位なんか意味なくね?】

同じくらいの試合数の人同士でなら同じ程度にブレるだろうから、最大段位の比較は意味がある。
でもそれだと一段単位になって雑すぎるので、安定段などを使って総合的に比較と。

「こまけぇこたぁいいんだよ!!」 的に考えるなら、大きくブレる可能性は少ないだろうし、ブレるといっても5段も10段もブレないだろうから、従来通り(最大)段位が上の方が強いでも大体大丈夫。

爆打 その5

この記事はAI素人の戯言扱いが吉かも。
基本的に爆打の特南の立直率に関する話。

【爆打の立直率】

以前から気になっていた事だが、爆打の立直率は異常に高い。
表のn/aは数値無しという事。

20160702_01.png

天鳳公式の「天鳳 ランキング」の段位戦4人打ち平均戦績を見ると分かるように七段以上は.165辺りである。
爆打は鳳凰卓の牌譜を使っているので、本来はその辺りになるはず。
という事は、爆打の機械学習に関わる部分(特にリーチ判断に関わる部分)に大きな問題がある可能性も考えられる。
鳳凰民準拠なら安定段も今以上のものになるはずだから、その面でも上手く行っていない。
鳳凰民の特上平均安定段が5台という事はたぶん無いだろうから。

俺の経験からすると鳳南でも特南でもめくり合いを含む殴り合いは大きなデメリットでしかないし、他の多くの人達もそれに類する事を述べているので、爆打の立直率の高さはかなりのマイナス要因ではないかと思う。


【爆打の目標】


このように述べているので、現状ではその目標を達成していないであろう。
たぶんまだ鳳凰民の平均にすら達していないだろうから。
この面からも現時点では「上手く行っていない」と言えるであろう。

目標がそれなりに強い状態になる事なら大体達成されただろうから今回の話はある意味どうでも良くなるので、一応目標の再確認と。


【天鳳におけるリーチ】

基本的に天鳳ではめくり合いは分が悪い。
リーチをかけるという事はめくり合いの場を提供してしまう事でもあるので、立直をすればするほど必然的にめくり合いの頻度も増す。
勿論、リーチのメリットもあるので、リーチのデメリット>リーチのメリットになるような状態になる場合はアウトと。
打ち方にもよるので立直率の正解はこの数値というのは無いが、明らかに爆打のは高すぎだろう。
上述のように鳳凰牌譜を使っている以上はこんな数値にはならないはずだし。


【立直率が高くても構わない可能性】

山読み手牌読みの精度が高くて、リーチをかけてめくり合っても割に合う状態なら問題は無いといえる。
しかし3回中2回勝てるくらいになる必要がある。
爆打のリーチ時和了り率と成績を見る限りそこまでの結果は出ていない。


【特東で去年の12月に安定段が結構いいとこ行ってるんじゃね?】

確かにこれは良く分からん。
東風でもめくり合いは分が悪いはず。
この月の立直率は他の月より低めになってはいるがまだ明らかに高い。
リーチ時和了り率は良い方だがとんでもなく良いという数値でもない。
特南ではあるが今年3月のリーチ時和了り率と放銃率はこれより良いが、成績はずば抜けて良いわけでもない。試合数は1/3だか500試合はある。
本当は後2か月6000試合くらいこの時のバージョンで特東を打ってくれるとブレも相当小さくなるだろうから、偏りだったのか本当に勝てる打ち方なのかの切り分けができると思う。

爆打 その4

爆打の5月分が終了。
そしてバージョンアップの模様。


4月と5月が同じバージョンだったのでこの二月分で段位に関して考えてみる。

20160602_01.png

たまに爆打の試合結果を見る程度なのでいい加減な印象だが、安定段に相応に5~6段にほぼ居て、たまに七段になるもすぐに落ちるという感じか。
4月と5月共に一度は七段に上がっていたはず。

爆打には感情のブレは無いのでこれが爆打の今期のバージョンの実力と言ってよいであろう。
しかし、短期的な結果のブレはあるので、安定6も無いのに七段になれたりもする。

これから分かる事は、安定5.3もあれば打っていればそのうち(1500試合も打てば)七段にはなれる(可能性が高い)という事。
人間は爆打と違いメンタルにブレがあるので、ブレを減らせば当然安定段は上がるため現状で安定4台でも七段に手は現実的に届くであろう。
つまり特上を維持できる人は鳳凰タッチくらいはできると考えて良いだろう。
理屈では当然そうなるだろうという話だが、感情のブレが無い状態を爆打が実現してくれたおかげででこの事を裏付けてくれた。


【どうやってメンタルのブレを減らすのか?】

まず絶大な破壊力があるキレ打ち用対策。
キレ打ちはキレ出すとどんどんと深みにはまり、気づけば一撃で数百ptが消えている悪魔の攻撃である。
そして冷静になったところでptを見て初めて自分が何をしたのかをやっと理解して愕然とし、爪に火を灯すようにして溜めたptを湯水のごとく捨ててしまった事を後悔し頭を抱えて地べたをのた打ち回る経験をした事がある人も多いはず。
外から見ると一粒で二度飯がウマい当事者にとってはptを減らしてしかも精神的に大ダメージという一粒で二度激マズ状態である。
これについては、昔書いたのがそのまま使えそうなので引きずり出してみた。
面倒くさがり屋の打ち方 その8

他にも体調などの管理も重要。
管理と言っても別に難しい話じゃない。
これも昔のを引きずり出してみた。
面倒くさがり屋の打ち方 その10

見ての通り単純な話。
麻雀に関する今以上の難しい技能を得ること無しに、更に試合数をこなさなくても成績が良くなる。
完璧にメンタルのブレを無くそうと考える必要もない。
ちょっとでも効果があればその分は成績に反映される。

一日当たりの試合数はこなせなくなるが、一日四試合でも一年で1460試合、つまりほぼ爆打の一月分なので一年打っていれば七段になれるだろう。
一日一試合でも四年で済む。
まったり打っていれば気が付けば七段になっている、お手軽七段到達手法ヽ(´ー`)ノ

爆打 その3

ASAPINがホストのイベント、爆打vs鳳凰民

今回の打ち手募集を含むイベント告知方法やイベントの中身自体に対する意見が少なからず出ているので、ASAPINというか今回の主催・運営は見ておくのが吉だと思うよ。

そのイベントの一環として、爆打の製作者の水上直紀木原浩一がホストの月曜を迎えたくない人のための天鳳配信に呼ぶという事が行われた。


見ようと思っていたけど始まる前に寝てしまって最後の10分くらいしか聞けなかった(゚∀゚)アヒャ
ということで、番組を見た他の人達のツイートから適当に拾わせてもらう。


俺が放送を10分だけ聞いた時に聞けた事と上記のツイート及び放送のコメントを考慮した感想。
・爆打の作りは思っていた以上に雑っぽい。前向きに言えば強くなる余地はかなりある。
・ちょっとづつ強くなるは構わんけど、天鳳を実験場にしている限りは仮に変更の度に一ヶ月実験なら年12回しか変更できない。
しかも変更ごとに確実に強くなるとは限らない。変更で弱くなることもあるから、少しでも強くなるためには物凄い時間が必要になる可能性も。
そうなると時間がかかり過ぎる事を製作者が耐えられるかどうかという問題点も。なかなか進まなくて途中で嫌になってもおかしくは無いし、学生で研究としてやっているなら卒業までの時間も決まっている。
天鳳で複数のバージョンの爆打を動かせないのはかなり厳しい状態だと思う。


配信ツイートを見ている中で天鳳位のタケオしゃんの爆打絡みの意見を見つけたので併記しておく。



【現時点の爆打】
20160215_01.png

確かに今月に入って段位ポイント重視に変えてから成績は悪化しているが、500試合強でバタバタするのはどうかと思う。
段位ポイント重視1体vs平均順位重視3体の実験で判断する事も疑問。
段位戦は上位卓に行くに従って平均順位重視の人は減っているのと考えられるので、この組み合わせで結果が出ても段位戦で良い成績が出せる事には繋がらない。
それと同卓者の打ち方に場が引っ張られる事があるので、段位ポイント重視1体vs平均順位重視3体では平均順位重視の打ち方に引っ張られる傾向がある。場に合わせる調整が不要な絶対的な打ち方は無いので、何らかの影響は出ているはず。
今のところこれで勝とうが負けようが、段位ポイント重視1体vs平均順位重視3体の組み合わせではそういう結果ですねという事にしかならない。
他にも変にこの組み合わせに合わせて調整するとカーブフィッティングなどもありうる。

爆打の中身が分からんのでどうこう言っても相変わらず妄想に過ぎないが、このまま段位ポイント重視で打っても成績が悪化したままだとすればこんな事も考えられる。

1.爆打だけでなく一般論としても平均順位重視の方が段位ポイント重視よりも結果が出せる。

俺の経験や他の人の意見から考えても、多分これは無いと思う。

2.そもそも今の爆打は段位ポイント重視の打ち方で無い。

順位率を見ると、いわゆる地蔵(ラス回避が悪い方向に出ている)成績でもないので十分ありうる。
今月の立直率がまだ出ていないが、今まで同様に高すぎるならラス回避的では無いとも言える。
他にも上述のように色々と雑なようだし。

3.段位ポイント重視だが、それを適用する局面が適正で無い。

一般論として強者は東パツからラス回避で打つわけでもないようなので、例えば東パツから段位ポイント重視で打っているならバランスが悪くなるかも。

4.同卓者による爆打対策がされてきた。

たまに爆打関係のツイートを見ているが、それから考えるとこの影響はほとんど無い気がする。
今回の放送以降、次の変更までは少しは影響があるかも。今回明示された特性に関しては可能なら次の変更でちょっとでもいじっておく方が良いかも。

以前も述べたように、適正にラス回避をすれば順位重視よりも結果が出るとは思うよ。


【爆打と同卓した】

何回か爆打と同卓したことがあるが、爆打の打ち筋や手牌読みをすると惑わされそうなので爆打の捨て牌すら無視気味に打っている。どうせ考えても対人間の打ち手以上に爆打のは分からんようなのでw
その一方で、今までの製作者の説明や論文から爆打の特性というか構造というかを大雑把に妄想して打った。
それでも割とどうにかなってるよw
最も爆打の成績がアレ過ぎるので、どうにかなってないとヤバイという話でもあるが。

爆打 その2

俺の中ではすっかり「ばくだ」読みのⓝ爆打であるが、特南で約一ヶ月打ったところで調整の模様。


具体的にはこうするはず


従来はこう



今まではこれを利用したちょっとした爆打対策があったのだがこれで使えなくなったw
実地検証してないのでアレだが、爆打にとって特に致命的なものでは無いが同卓時は知っておく方が得だと思われる事であった。

それはともかく、今回の調整ではそれなりに結果が出るのではないかと予測される。つまり安定段が上がるはず。
これ以外にもう一つ簡単に結果が出そうな方法はある。単に俺が知らないだけでまだあるのだろうけど。


【その他もろもろ】


普通にウマやオカを含めた平均得点じゃね?
その意味では天鳳は実験場としては使えんね。



東南の方が成績が良くなるはずというのは俺もそう思っていた。教師牌譜は鳳南の方が多いはずなので東南により適していると。鳳東と鳳南で1:2くらい?
教師牌譜が鳳凰卓の物である以上はラス回避の影響を受けた選択肢にはなるだろうが、上述の期待順位を取る影響が思ったよりも大きかったという事かもしれん。
俺が以前にやった実験とも合致する。
打ち手の方針が同卓者3対爆打1的になるので、同卓者のラス回避的打ち方がより影響を持ったというか。
この点は今回の調整で見えてくると思う。


【AIの方向性】

paoブログ:麻雀AIのタイプ
この記事を参考にさせてもらって考えてみる。
俺はAIの専門知識は皆無なので、以下の内容はいいかげんどころか嘘まであるw

・その1

現麻や北HAZみ~にんデータを完璧に落とし込んでどこまで強くなるかやってみる。
天鳳界において代表的と思われる方法論でどこまで強くなるかという事なので、天鳳ユーザーの興味はかなり引くと思われる。


・その2

特定の天鳳位に特化したAI作成。
エニグマの落とし込みは厳しいだろうから対象者の牌譜の機械学習方法か。
特定の天鳳位っぽいのはできるかもしれないが、仮に完全なコピーができても「結果は出せるから凄いが、それで?」で終わりそうw
機械学習方法ならどうしてそう打ったのかが分からなさそうなので、天鳳ユーザーの学習面でのメリットは無さそうなので。
研究者的興味に関しては分からんが。


・その3

盤面全体を絵として見て判断する。
ちょろっと検索してみたらディープラーニングというのは画像認識が得意っぽいので。
漫画の咲のまこの能力のAI化のようなもの。
漫画じゃ不人気のようだけど、あの能力は麻雀において現実の人間ができる最高水準の能力の一つだと思う。
つまりあれができれば最強に近くなる、もしくは最強への入口の入場券が得られるかも。
記事:WorkshopのダイジェストのWorkshop3の「つまり、絵画を数多く見ると目が肥えるように、」辺りの話。

爆打が鳳凰資格ゲット

ⓝ爆打が鳳凰資格(七段R2000)に到達した。

男冥利検索によるとこれを書いている時点で、四麻特上東風総合は6245試合で安定段5.427
改良したらしい今月は1087試合で安定段6.922

み~にんが即行で簡易分析してくれている






安定段的にも分析的にも鳳凰資格は妥当などころか。

この爆打の打ち筋だが評判は悪い。
つまり下手。
俺は数試合しか見ていないがそれでも変なところは見受けられた。
下手は言い過ぎだとしてもおかしなところは目立つとはいえるだろう。

今回の本筋はここから。
何故そんなに下手と言われるのに爆打は鳳凰資格を得られたの?
(改良前でも七段リーチまでは行っているので大勢から「下手」と言われた状態でも得られたはず。改良後の評価は分からん。)

爆打の特性はこんな感じか。

・試合数をこなせる
卓さえ立つなら東風で一日100試合弱、一年で34000試合程度は打てるはず。
つまり、数さえ打てば~という人間にとっては机上の空論に近い事も容易にこなす。

・決められた事は決められた通りに行う
つまり鉄の執行力。
ミスが無いという事ではなく、逆にミスをする部分は確実にミスをするという事でもある。

・人間ができない細かい事ができる
その場で複雑な計算をしたり、人間では覚えられない膨大なデータから判断したり。

最後のはどれくらい取り入れられているかは分からんが「下手」である以上は影響は小さいのではないかと思う。
一番目と二番目は確実であろう。
これから考えられる事は、高度な技術どころか普通の技術さえ怪しそうでも(基本を)決めたとおりに打ち続ければ鳳凰資格は得られるのではないかという事。
人間も同じように、高度な事をしなくても基本的な事をしっかりやっていれば鳳凰資格はそのうち得られるとも言える。
キモの部分が本当に駄目なら鳳凰資格は得られん。その実験をした事があるから分かる。

爆打の打ち方に関しては作っている人のサイトの資料を見ると、上手い人に打ってもらったり鳳凰卓の牌譜と同じのを打てるようになるようにしているっぽい。


はっきり言って、引き出しはあまり増やしちゃいかんです。
弱くなります。
(中略)
最重要ないくつかのテクを確実にできることが一番大事だから。

福地ブログ:【麻雀】引き出しを増やすと

現時点で持っている(はずの)技能ですら確実にできない事が多いだろうに、増やしたら尚の事できなくなる=成績低下は当たり前だわな。
まずは持っている物を減らして、確実にできるようになったら増やしていくと。

現状は本・ツイッター・ブログなど情報過多になっていてこれからも増え続けるだろうが、どうしても鳳凰資格を得たいなら、目先のそれらに流されずに地道に基本的な事を確実にできるようになるのが一番の早道ではないかと思う。
地道なのは面白くないけど続けていれば慣れる。