天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

状態の把握・遷移

一般的には「こんなことを考えても分からないから考えるだけ無駄」といわれるような範疇の内容


【状態の概略】

以前に特東で打っていた時に80数試合でラスが4~5回くらいという事があった。
細かい事は忘れたがこんな感じ。
1位:35%
2位:32%
3位:28%
4位:5%
数字を見れば分かるように、この成績はいわゆる確変(通常時よりも著しく成績が良い状態)である。
確変であった理由は
1.運が良かった
2.いつもよりもしっかり打てた
辺りであろうが、今回はそこはどうでも良い。

この成績から分かる事は2つある。
1.確変状態は実際にある
2.確変状態はある程度の試合数続いた

そして確変後は普通か悪いか忘れたが確変以外の状態になった。
このことでもう一つ分かる。
3.状態は遷移する。

一般化するとこうか
1.任意の状態になる
2.その状態はある程度(不定だが)続く
3.状態は遷移する
ここでは、何故そういう状態になるのは考えないし、今後の状態(今の状態がどれくらい続くか、状態が変わるならどういう状態に変わるか)に関しても考えない。


【状態の続く程度】

試合数や時間軸などで考えることが妥当であろう。
・1打(他家の一打も)。
・1巡(自分がツモって次にツモるまで)。通常は1巡=4打。
・1局単位
・1試合単位
・1日単位
どういう基準で見るかによって同じ事象なのに状態は変わってくる事がある。
例えば、100試合通してでは確変だが、その中の任意の一試合を見ると地獄など。


【様々な状態】

1.成績

最初に取り上げたような成績の状態。
確変、地獄、通常など

2.ツモと手牌の噛み合わせ

必要牌がサクサク入ってきたり、逆に入ってこないどころか切ったその牌が鳴かれまくって最後は当たる。
自分や他家の手の進み具合も。

3.場の型

色で偏る、縦に牌が来るなど

続く