天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状態の把握・遷移 その2

やっている途中かつ怪しげな話。

流局時に、この局は自分の和了りが無なかったなと気づく事は普通にある。
流局してしまえばそれまでだが、流局前にそう気づけば何ができるか?
つまり自分の和了りを捨てたら何ができるか。

1.聴牌して欲しい、和了って欲しい人へのフォロー
2.聴牌して欲しくない、和了って欲しくない人への対応
3.安牌の確保
4.自分の形テンを目指した動き。

和了れないならば、その事により早く気づくことができればアドバンテージとなるであろう。
まずは流局一巡前ならどうか?
この時点ではもう和了れないだろうなと「分かる」事が非常に多いだろう。
二巡目前なら?三巡目前なら?・・・と同様に遡っていくと、ここら辺でもうこの局は和了れないだろうなと「分かる」分岐点のようなものがあると思う。

逆に一巡目から追って行っても同様である。
来るはずの牌が来ないで向聴が進まず、「こんな状態」で手が止まってしまうような時。「変な牌」が来続ける時。
こういう事を意識して打っていると、こんな牌が来て他家にこう牌が行って(他家のツモ切り時には分かる)、自分の手はこう進んでという一連の流れで意識をするようになって、「こういう時」は駄目っぽいなという事がなんとなく分かってくる。
任意の一局面を抜き出すのではなく、連続して見るという意味での流れ。
ちょっと早いかな、遅いかなと色々やっていると何となく合ってくる感じ。

自分の手を基準にした攻撃から守りへの状態の遷移の把握の精度が上がれば、当然無駄な振り込みも減るので天鳳的には特に有利になるはず。


類似した事で、必要牌が出きってしまって聴牌もできず、ここで鳴けばまだ和了りがあったという事も多々あるであろう。
そういう場合は、もうこの牌は無いな(来ないな)と分かれば鳴けば良いという事になる。

こういう見方をしていると、一枚絵の立体何切るを見ても良く分からなくなってしまったw
どういう配牌から牌がどう来たのかという見方なので。

「変な牌」が来続ける時は、その時の盤面の見立てがおかしいから「変な牌」に思える時もある。
例えば他家に特定の色が厚い・染めていると見立てている時にどんどんその色の牌が来る時など。本来なら来ないはずの牌。
そういう場合は自分の見立てがおかしいと気付く切っ掛けになったりもする。もしくは染めようとしているがブラフや無理染めのため相手に牌が足りない。
後者なら相手は間に合わない可能性が高いという事でもあるので、その相手に対しては自分が(ちょっと遅くても)間に合うかなと考えたりもできる。
今回の主題は怪しいがこれに関してはそこそこ使える気がする。


この反対に他家の聴牌察知という事もあるであろう。
そっちはやっていないから分からないが。
スポンサーサイト

不正者との関わりについて

IQ180真剣様(以下、真剣と呼ぶ)というユーザーが居た。
過去形になっているのは天鳳IDを停止されたからだ。
理由は鳳凰卓における意図的な同卓と思われる。

今回は本人の発言と牌譜から鳳凰卓における意図的と思われる同卓が起きている事が裏付けられる。同卓者の天鳳名はloveyou。
男冥利検索の直接対決検索(仮)で調べる事が出来る。
これはこの注意事項に反する。

つのブログ:鳳凰卓で意図的に友人とマッチングする行為はご遠慮ください。 ⇒ ランダム対戦でないものは好ましくない


この真剣であるが、以前にも不正を宣言して天鳳IDを停止されている。
これで二回目だ。
そして真剣は多くのユーザーに噛みついている。
それにbakaseが乗った。

以下bakaseブログより。

【天鳳】直対勝負?

【麻雀】IQ180真剣様もゲストに

【天鳳】来るってwww

bakaseがゲストに呼ばれる雀荘に真剣もゲストで呼ぶ模様。

これは何を意味するか?

・不正をしてもこうやって受け入れられるなら不正への抑止効果が薄れる。
・不正でも何でもいいから目立てばいいとなると真似するやつが出てくる可能性がある。
・イベントと絡める事で不正や不正者を受け入れる心理的土壌を徐々に作りあげてしまう。不正に対する感覚が鈍くなっていく。

こういう理由で不正者を増やしかねないという事でもある。
そして不正者が常駐するようになれば鳳凰卓の価値は無くなる。
相応の信用が無い場ならば評価も低くなるので馬鹿らしくなり打ち手もどんどん離れる。

今回のゲストは単なる面白いイベントという考えなのだろうが、そこには今述べたような意味も含まれることになる。

勿論「ネトマなど所詮暇つぶしだ。楽しけりゃ何でもOK。不正者が鳳凰卓を跋扈しようがどうでも良い」というスタンスの打ち手もいるだろう。
逆に「鳳凰卓で不正をされて遊び場を潰されては困る」という打ち手も居る。

ここで天鳳のスタンスを考えてみると、不正や不正に繋がる行為を認めないという不正の否定が天鳳のスタンスである。
それは天鳳のマニュアルや、つのブログの不正対応記事を見れば明白である。
実際に天鳳とユーザーは事あるごとに一般的な意味合いでの娯楽性と不正対応のどちらを取るかを迫られ、不正対応を選んできた。
鳳凰卓リアルタイム配信禁止はその分かりやすい例だ。
その過程でその選択に納得がいかないユーザーは積極的消極的に天鳳から離れていき、それにより不正対策下でも楽しめるユーザーが選別されてきたともいえる。
運良く不正をしないユーザーが集まって天鳳、特に鳳凰卓の信頼性が作り上げられたわけではない。
その意味では今回も「事あるごと」の一つなのかもしれない。

テロリストに様々な面で協力をする者もまたテロリストと言われるようになって久しい。
同様に不正者に様々な面で協力をする者もまた不正者である。
不正者と関わる事の影響を知りつつ、それでもわざわざ不正者の利益になる、不正者を増やすような行動を取るならば、不正者の仲間扱いをされ相応の扱いをされても文句は言えまい。

危うい事にわざわざ近寄る必要もなしと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。