天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

エニグマ解明のための下準備

一連のエニグマの話は俺の経験によるものである。
これが唯一正しいものであると主張するものではない。
というか、そもそもこれが正しい・妥当なのかは知らん(キリッ
これは一つの方法論であると勝手に思ってはいるけどな。

言うまでも無く、他にも色々な方法論やアプローチがあると思うよ(・∀・)


【「エニグマを解明すること」の定義】

エニグマを自分の体で理解して実行できるようにする事。
つまりエニグマを身に付けて自分のモノとして使えるようになる事。

言語化して第三者が理解できるようにする事や、頭での理解ができればそれで満足というものではない。

これは俺の目的とイコールの定義である。
俺は麻雀研究者ではなく打ち手なのだから、実際にできてなんぼと。
勿論、言語化目的の人がいても良いであろう、というか是非誰かやってw


【説明することに関して】

前回述べた「説明する事は難しい」という事に関してもう少し考える。

基本的に麻雀打ちは自分の打ち方に関する説明を他者にする必要などない。
打てれば良いだけである。
使わない能力は衰えるし能力が高くなる事も無い。
だから普通は説明能力は低い・無いであろう。

自分の打ち方に関する情報発信をしようとしなければ、この能力が無くても何も困らないし、何も問題が無い。
当然に説明能力が低い・無い事に関して他者が批判する事など論外である。
最近はブログ・SNS・Twitter・配信・検討会などがあるので、そこに自分が参加していると「自分の打ち方に関して説明できて当然」というように、つい勘違いしやすくなるけどね。


次に、使われる「言葉」についてである。
今説明したように麻雀界には説明するという文化が無いので、説明するための「環境」が整っていない。
例えば説明の際に使われる共通の「言葉」が整備されていない。

一つの言葉が複数の意味に使われて、説明者と説明を聞く者の間でその共通認識がなされていないことが多々ある。
Aの事を表現する際に「流れ」として用いる人もいれば、BやCの事を「流れ」と表現する人もいる。
言葉として表に出てくる際には全て「流れ」という言葉になってしまうが、意味は説明する人によって異なる事も多い。

説明する本人は、そもそも言葉にしなくても説明しようとすることは「分かっている」。
そのため、ゴチャゴチャと細かく口にしなくてもそれで済む。
例えば「流れが悪いので・・・」で済む。

しかし聞く側にとっては、文字通り「流れ」が「悪い」と捉えがちなので、意味が分からなかったり矛盾した内容になってしまう。
説明する文化が無い以上は説明を聞く文化も無い。だから聞く側も「訳の分からない事を言われた」という状態で終わってしまう。
もしくは言葉が持つ「一般的な意味」を持ち出して対応、大抵は批判であろうが、をする。

こうして相互に話が通じないままで終わり、お互いにとっての不毛な経緯と結末は便利な「オカルト」というゴミ箱に捨てられる。
しかし、このゴミ箱は説明を受ける者にとって都合が良いだけであり、説明者にとってのゴミ箱が無いために説明者は不満(理解されない、分からないと文句を言われる・馬鹿にされる等)が溜まるだけである。
その結果、説明者によりエニグマが語られる事も減っていく。


【エニグマの解明方法】

ここまで書けば、何をすれば良いかは明白であろう。

「説明者と説明を受ける者が、相互にまともに『お話』ができれば良い。」

エニグマの解明方法は簡単に言えばこれだけである。
(゚Д゚)ハァ?と思われるかもしれないが、これがキモだ。

そのためにはどうすれば良いか?
説明者と説明を受ける者の間で雑談をたくさんすれば良い。つまり適当にくっちゃべっていればエニグマは解明できる。
正確に言えば「これがエニグマの解明への糸口になる。解明のための重要な要素である」かな。

言葉で書くと簡単にできるように見えるだろうが、できる人がそうはいないっぽいということは簡単にできない(であろう)ということだ。
そういえば、シンプルに書くと簡単にできそうに感じられる事も「言葉」の特性だな。


解明に関する具体的な話は次回ということで。
コメント
コメントの投稿
 設定しておくと後から編集・削除できます。
名前の後ろに独自の固定ID(半角英数字の文字列)が表示されます。
管理者にだけ表示を許可する
 コメントの文字を装飾できます(要JavaScript)

管理人が承認するまでは、書き込んだコメントは表示されません。
編集の際も同様です。

送信ボタン押下後に画像認証があります。
編集の際は、編集後に最初と同じPassを入力してください。