天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

エニグマと麻雀観

【エニグマとエニグマの持ち主の麻雀観等の関係】

エニグマの持ち主と「お話」をしていて気づく事は、エニグマの使われ方は個別のエニグマを組み合わせるものではなく、様々なエニグマが融合されて一塊でポンッと出てくる感じという事。

エニグマの持ち主の麻雀観等がベースにあり、具体的な個々のエニグマはそれを実現するために用いられるという感じ。
個々の技術や考え方を設計図に基づいて組み合わせるという形での積み上げ組み立て形式ではなく、麻雀観等が融合の根底に一本通っている。

単なるやり取りの羅列では後で見返すことも出来ないので適当に分類はしているが、それをマニュアルや教科書のように読んでやるだけでは、大元となるエニグマの劣化コピーのパチモンの更に劣化コピー程度にしかならない。
エニグマ風味の何かになるだけ。
エニグマの持ち主の麻雀観等を理解して、その麻雀観等を取り入れて練習して始めて対象者のエニグマの会得となり得る。麻雀観等を取り入れる際には無理はせずに、自分で納得の上で取り入れる。

単に技術や考え方だけを取り入れても、融合されるのではなく、くっ付け合わせただけのものとなる。
それぞれの技術や考え方に調和や方向性が無くバラバラに動く感じ。
だから文献を見たり説明を聞いて単独の技術や考え方だけを表面上そのまま取り入れる事に意味は無い。

分類の仕方にもよるが、小分類なら現状だけで数百のエニグマがある。超大分類なら1個。自分の尺度での大分類で数十個か。相互に密接に関連する事と融合したもののユニークさにより、そもそも分類自体の意味が無い。後述のように分類という行為自体がヤバかったりもするので。
ちなみに、やりとりのまとめは現時点で項目数350程度で63万文字、盤面数1050枚以上。(やり取りをした大勢の人たちの承諾が必要なので、まとめの公開はできないが)
今後も言語化を続ければ、ここからまだ数倍に膨れ上がるはず。
それらを要点だけとはいえ全部暗記して、打っている最中に上手く組み合わせようとしても破綻するのは言うまでもない。
流石にこれだけの分量を扱ってみると、知識を知識として下手に増やしても意味は無い事が実感できるw
そもそも、その方向性では強くならない。

これらの分量を、打ちながら考える事によってどうにかするのではなく、変わりゆく局面ごとに必要に応じて即座に融合してポンッと一塊で出す事が最終目標。
先に述べたように「お話」していると、実際に融合してポンッと打っているようなので。
俺はその中の一部を齧った程度で、全部などとてもじゃないが融合できないが('A`)
とりあえず個々の技術や考え方を単体で見てやっても話にならん事は確か。

俺が関わっているエニグマは局面の唯一性という考え方なので、その局面ごとにユニークなものが融合されて出てくるのだから、分類どころか公式化やマニュアル化もできない。

それらの統計を取れば「任意の条件ではこう打つ」という傾向は分かるだろうし、その時に用いられる技術の分類や組み合わせは見えてくるだろうが、勿論それに意味は無い。
それは「エニグマ風味の何か」でしかないのだから。
(誤解の無いように述べておくと、統計を統計としてその意味合いで扱うのは妥当であろう。統計でエニグマが解明できると考えるならば難しいのではないかい?という事。解明のために麻雀観を条件に取り込むとして、麻雀観を条件化しようとするだけでえらい事になると思う。)
○○という技術や考え方というように、「お話」の受け手が適当に分類やパッケージ化はできるがしちゃいけないという事。
便宜上分類をしたとしても、それに囚われてはいけない。


【新たなエニグマを取り入れる際の注意事項】

上述のように、エニグマの持ち主の麻雀観等があっての(取り込んでの)エニグマなので、麻雀観等と会得しようとするエニグマがどう関わるかの理解が必要である。
つまり会得しようとする技術が麻雀観上でどう使えるかという事。
麻雀観等は一層ではなく複数の階層や分類があり、ある程度体系化できるっぽい。

他者のエニグマを会得しているならば、既に自分が持っているエニグマや麻雀観もその大元のエニグマ持ちの人の麻雀観等の影響下にある(はずな)ので、自分が会得したエニグマと麻雀観等との関わりを見ることで、その新たなエニグマ持ちの人の新たなエニグマをどう取り込むかも見えやすくなる。
既に自分が持っているエニグマと似たような感じで麻雀観等との接点を探すと。
コメント
コメントの投稿
 設定しておくと後から編集・削除できます。
名前の後ろに独自の固定ID(半角英数字の文字列)が表示されます。
管理者にだけ表示を許可する
 コメントの文字を装飾できます(要JavaScript)

管理人が承認するまでは、書き込んだコメントは表示されません。
編集の際も同様です。

送信ボタン押下後に画像認証があります。
編集の際は、編集後に最初と同じPassを入力してください。