天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

状態の把握・遷移 その2

やっている途中かつ怪しげな話。

流局時に、この局は自分の和了りが無なかったなと気づく事は普通にある。
流局してしまえばそれまでだが、流局前にそう気づけば何ができるか?
つまり自分の和了りを捨てたら何ができるか。

1.聴牌して欲しい、和了って欲しい人へのフォロー
2.聴牌して欲しくない、和了って欲しくない人への対応
3.安牌の確保
4.自分の形テンを目指した動き。

和了れないならば、その事により早く気づくことができればアドバンテージとなるであろう。
まずは流局一巡前ならどうか?
この時点ではもう和了れないだろうなと「分かる」事が非常に多いだろう。
二巡目前なら?三巡目前なら?・・・と同様に遡っていくと、ここら辺でもうこの局は和了れないだろうなと「分かる」分岐点のようなものがあると思う。

逆に一巡目から追って行っても同様である。
来るはずの牌が来ないで向聴が進まず、「こんな状態」で手が止まってしまうような時。「変な牌」が来続ける時。
こういう事を意識して打っていると、こんな牌が来て他家にこう牌が行って(他家のツモ切り時には分かる)、自分の手はこう進んでという一連の流れで意識をするようになって、「こういう時」は駄目っぽいなという事がなんとなく分かってくる。
任意の一局面を抜き出すのではなく、連続して見るという意味での流れ。
ちょっと早いかな、遅いかなと色々やっていると何となく合ってくる感じ。

自分の手を基準にした攻撃から守りへの状態の遷移の把握の精度が上がれば、当然無駄な振り込みも減るので天鳳的には特に有利になるはず。


類似した事で、必要牌が出きってしまって聴牌もできず、ここで鳴けばまだ和了りがあったという事も多々あるであろう。
そういう場合は、もうこの牌は無いな(来ないな)と分かれば鳴けば良いという事になる。

こういう見方をしていると、一枚絵の立体何切るを見ても良く分からなくなってしまったw
どういう配牌から牌がどう来たのかという見方なので。

「変な牌」が来続ける時は、その時の盤面の見立てがおかしいから「変な牌」に思える時もある。
例えば他家に特定の色が厚い・染めていると見立てている時にどんどんその色の牌が来る時など。本来なら来ないはずの牌。
そういう場合は自分の見立てがおかしいと気付く切っ掛けになったりもする。もしくは染めようとしているがブラフや無理染めのため相手に牌が足りない。
後者なら相手は間に合わない可能性が高いという事でもあるので、その相手に対しては自分が(ちょっと遅くても)間に合うかなと考えたりもできる。
今回の主題は怪しいがこれに関してはそこそこ使える気がする。


この反対に他家の聴牌察知という事もあるであろう。
そっちはやっていないから分からないが。
コメント
コメントの投稿
 設定しておくと後から編集・削除できます。
名前の後ろに独自の固定ID(半角英数字の文字列)が表示されます。
管理者にだけ表示を許可する
 コメントの文字を装飾できます(要JavaScript)

管理人が承認するまでは、書き込んだコメントは表示されません。
編集の際も同様です。

送信ボタン押下後に画像認証があります。
編集の際は、編集後に最初と同じPassを入力してください。