天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

爆打 その5

この記事はAI素人の戯言扱いが吉かも。
基本的に爆打の特南の立直率に関する話。

【爆打の立直率】

以前から気になっていた事だが、爆打の立直率は異常に高い。
表のn/aは数値無しという事。

20160702_01.png

天鳳公式の「天鳳 ランキング」の段位戦4人打ち平均戦績を見ると分かるように七段以上は.165辺りである。
爆打は鳳凰卓の牌譜を使っているので、本来はその辺りになるはず。
という事は、爆打の機械学習に関わる部分(特にリーチ判断に関わる部分)に大きな問題がある可能性も考えられる。
鳳凰民準拠なら安定段も今以上のものになるはずだから、その面でも上手く行っていない。
鳳凰民の特上平均安定段が5台という事はたぶん無いだろうから。

俺の経験からすると鳳南でも特南でもめくり合いを含む殴り合いは大きなデメリットでしかないし、他の多くの人達もそれに類する事を述べているので、爆打の立直率の高さはかなりのマイナス要因ではないかと思う。


【爆打の目標】


このように述べているので、現状ではその目標を達成していないであろう。
たぶんまだ鳳凰民の平均にすら達していないだろうから。
この面からも現時点では「上手く行っていない」と言えるであろう。

目標がそれなりに強い状態になる事なら大体達成されただろうから今回の話はある意味どうでも良くなるので、一応目標の再確認と。


【天鳳におけるリーチ】

基本的に天鳳ではめくり合いは分が悪い。
リーチをかけるという事はめくり合いの場を提供してしまう事でもあるので、立直をすればするほど必然的にめくり合いの頻度も増す。
勿論、リーチのメリットもあるので、リーチのデメリット>リーチのメリットになるような状態になる場合はアウトと。
打ち方にもよるので立直率の正解はこの数値というのは無いが、明らかに爆打のは高すぎだろう。
上述のように鳳凰牌譜を使っている以上はこんな数値にはならないはずだし。


【立直率が高くても構わない可能性】

山読み手牌読みの精度が高くて、リーチをかけてめくり合っても割に合う状態なら問題は無いといえる。
しかし3回中2回勝てるくらいになる必要がある。
爆打のリーチ時和了り率と成績を見る限りそこまでの結果は出ていない。


【特東で去年の12月に安定段が結構いいとこ行ってるんじゃね?】

確かにこれは良く分からん。
東風でもめくり合いは分が悪いはず。
この月の立直率は他の月より低めになってはいるがまだ明らかに高い。
リーチ時和了り率は良い方だがとんでもなく良いという数値でもない。
特南ではあるが今年3月のリーチ時和了り率と放銃率はこれより良いが、成績はずば抜けて良いわけでもない。試合数は1/3だか500試合はある。
本当は後2か月6000試合くらいこの時のバージョンで特東を打ってくれるとブレも相当小さくなるだろうから、偏りだったのか本当に勝てる打ち方なのかの切り分けができると思う。
コメント
コメントの投稿
 設定しておくと後から編集・削除できます。
名前の後ろに独自の固定ID(半角英数字の文字列)が表示されます。
管理者にだけ表示を許可する
 コメントの文字を装飾できます(要JavaScript)

管理人が承認するまでは、書き込んだコメントは表示されません。
編集の際も同様です。

送信ボタン押下後に画像認証があります。
編集の際は、編集後に最初と同じPassを入力してください。