天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縦のかほり その2

「続きを読む」をクリック!
(この下に記事が表示されている場合は、そのまま読んでください。)
Flashを有効にしてください。
JavaScriptも有効にする事を推奨します。

1番目
1:
ダブ 東 がポンできてドラが二枚あるので、これでツモ直で対面を飛ばしてトップ終了の目途は立った。
しかし下に萬子のかほりがほのかに漂っているので要注意なのと、そのために自分は萬子での染めは難しいだろうと見立てておく。

☆画像へスクロール
 
2番目
2:
北 を切ったら下に鳴かれて、もう萬子が出てくる。
まさか、もう仕上がってるん?

☆画像へスクロール
 
3番目
3:
下が 西 を鳴いて 五萬 が出てくる。
あれ、なんか萬子が相当薄まってきた。
代わりに縦のかほりが漂ってきた。

☆画像へスクロール
 
4番目
4:
手出しで 五萬六萬 の両面塔子、これは萬子は無いでしょ、そして縦が相当濃いね。
それならば下の警戒も兼ねて残しておいた 八萬九萬 の辺張塔子を落として、索子を伸ばしたいなと。下の 九萬 ポンはちょっと注意。
ドラも俺からは出ないし、基本的にめくり合い上等で。

対面の捨て牌+下の萬子が対面に鳴かれていない事から、対面に筒子が厚そう。
もしも筒子に寄せていれば下の字牌は対面と持ち持ちがあるね、ということも見立てられる。

☆画像へスクロール
 
5番目
5:
下が 五萬 を切ったところ。
やはり、この時点で萬子は消えて手の中も縦方向だったわな。

萬子を残すと5200濃厚、筒子を残して両面にしなければ満貫は確定。
一筒 重ねで跳満 or 倍満。
和了りやすさよりも打点を見たか。
南中 を鳴けば字一色まで見えるのはマン・ピンどちらを残しても変わらず。

俺がダブ 東 を鳴いている事と 二筒 を切っている事もあって、俺を警戒の他家からのポロリも見ていたかも。


対面はこの時点ではまだ二色だったが、次で述べるように寄せてはいたようだ。
全員の手牌と捨牌を見れば分かるように、山に筒子が山盛りだったのでこの後、対面は筒子に寄って行った。

☆画像へスクロール
 
6番目
6:
対面はここから 九索 を切っているので、最速聴牌よりもやはり寄せに行ったのだろう。まさかの大三元もあるし。
しかし下が萬子に寄せているとすれば、先程と同様に字牌を重ねても下と持ち持ちはあるから、寄せても和了りきる事は厳しいかもねという見立てもできる。

終わり

☆画像へスクロール
 

コメント
コメントの投稿
 設定しておくと後から編集・削除できます。
名前の後ろに独自の固定ID(半角英数字の文字列)が表示されます。
管理者にだけ表示を許可する
 コメントの文字を装飾できます(要JavaScript)

管理人が承認するまでは、書き込んだコメントは表示されません。
編集の際も同様です。

送信ボタン押下後に画像認証があります。
編集の際は、編集後に最初と同じPassを入力してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。