天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縦のかほり その3

「続きを読む」をクリック!
(この下に記事が表示されている場合は、そのまま読んでください。)
Flashを有効にしてください。
JavaScriptも有効にする事を推奨します。

1番目
1:
形が整っていないが、とりあえず鳴いて、 六索 にくっ付ければどうにかなるだろう(横へ延ばす構想)とヌルイ事を考えるが、盤面を見て何となくその構想に違和感を覚える。

☆画像へスクロール
 
2番目
2:
この時、開くとこう

☆画像へスクロール
 
3番目
3:
結局こうなる

☆画像へスクロール
 
4番目
4:
開くとこう
全員、見事な縦。横にした違和感はこれだったのね

上も4対子で河と合わせると七対をテンパっている
俺が一番縦が薄かったが、配牌から 六索 4枚なので縦の影響は受けている。
他家の余りを押し付けられるような感じで、山のツモ筋と河も合わせても、縦も横も和了り目は無さそう。カンをして 八索 をポンすればあるが、そもそもカンはしないので空論。


以下は形からだけの話で、上も縦の場合
横にしようとした俺はドラ 北八索 で上に振っているし、下が 五索 を対子にしていたら 二筒 で振っている。

下は 八索 で上に、対面は(入れ替えれば) 五索 で下に、それぞれ余剰牌で振る形。


山も 四萬 が全部あるのを始めとして、三萬六萬五筒中 が三枚ある。
五筒 の筋の 八筒 も二枚。

こりゃ縦にしかならんわw

2枚目の開いた画像では下以外は横っぽく見える手牌(上と対面には一盃口=3対子のタネは見えるので、綺麗な横というわけではない)だがこうだもんな。手牌の形だけで判断するとえらい目に遭う事が分かる。
実際、縦にしていない俺と上は手が死んでいる。
俺は永遠に入らない 四索七索八索 を待ってるんだから('A‘)


~終わり~

☆画像へスクロール
 

コメント
コメントの投稿
 設定しておくと後から編集・削除できます。
名前の後ろに独自の固定ID(半角英数字の文字列)が表示されます。
管理者にだけ表示を許可する
 コメントの文字を装飾できます(要JavaScript)

管理人が承認するまでは、書き込んだコメントは表示されません。
編集の際も同様です。

送信ボタン押下後に画像認証があります。
編集の際は、編集後に最初と同じPassを入力してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。