天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

Suphx

SuphxがMicrosoftのAIだった模様。

麻雀 AI Microsoft Suphx が人間のトッププレイヤーに匹敵する成績を達成


今回の発表に関わるツイートをざっと見ると、つのと天鳳民の感覚の乖離が見受けられるが、つのは技術屋かつ経営者であってプレイヤーでないに近いのでプレイヤー視点での肩すかしはおかしくはない。
プレイヤーとして、つののツイートに期待するのが間違いw


Suphxの成績を男冥利検索で見るとこう。

20190829_01.png

まだ数か月なので何ともだが、単純に考えるとこの推移なら安定段9は超えそう。
ということは、打っていれば特南で天鳳位にはなるか。
まあ鳳凰卓でも人間は超えるでしょ。
鳳凰卓データを使っているであろう以上は鳳凰卓にこそより適合しているはずなので。

他のAI二つと安定段に大きな差はあるので、そこは何なんだろうねという事は興味がある。


AIの強さの大きな要因の一つは、人間には無理な鉄の執行力と膨大な記憶量とそれを引き出す能力(+計算スピード)がベースだと考えているので、そこは基本的に人間がどうこうできる話ではない。
Microsoft のページでも述べられているが、麻雀は他の類似のゲームに比べて複雑等、つまり人間はよりミスをしやすいということなので、決められた通りにできるコンピュータの強みは更に増す。

「車と人間が競争して車が速い、当然でしょ」
将来的に麻雀におけるAIの評価もこれと同じようになると思う。
つまり人間と比べる対象でなくなる。

鉄の執行力=メンタルの維持と執行力に関しては、人間が出来るやり方でやる必要があるという話にはなるであろう。
麻雀の技術的には「何をやっているか分からない」の方向かと。
少なくとも明確に「こういう時はこう打つ」という答えが出る方向性にはならないのでは。
だから何となく真似すると、所詮上っ面の適当な真似なので大火傷して成績がボロボロにw


どのみちAIが人間を超えるとなると問題になってくるのがAIを使った不正。
丁寧に不正をやられたらネットでの対処は相当難しいと見ている。
リアルに出てきて打ってもらって打ち筋で判断というのは一つの対策手法。
しかしそれもリアマでは不正はしないという性善説での話。
先に人を越した囲碁や相当いいとこまで行ってるであろう将棋でも、一般のニュースレベルではあるがまともに対策をしているという話は知らない。


Microsoftは流石に麻雀が終着点ではないはず。
金にならないので。
これを見るとそうだな。



研究の入り口としては公開データが膨大にあるのと実験しやすいから天鳳が選ばれたのであって、それを別の形で使うのだろう。
だから麻雀への関わりは将来的にはそれほど深くはならないと思う。
実験場としてはそれなりに使われそうではあるが。


なんにせよ、つのはMicrosoftとの繋がりを上手い事、金にするのが良いよ!
コメント
コメントの投稿
 設定しておくと後から編集・削除できます。
名前の後ろに独自の固定ID(半角英数字の文字列)が表示されます。
管理者にだけ表示を許可する
 コメントの文字を装飾できます(要JavaScript)

管理人が承認するまでは、書き込んだコメントは表示されません。
編集の際も同様です。

送信ボタン押下後に画像認証があります。
編集の際は、編集後に最初と同じPassを入力してください。