天鳳の安定段計算ツール シンプル版 鳳凰用 特上用 上卓・三人打ち用はこちらから
背景指定  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縦のかほり その4

Flashがそのうち使えなくなるようなので、JavaScriptのみでも作れるように変更。
肝の部分は大元のアンコロキング版に戻った。

JavaScriptを有効にしてください。
有効でない場合はボタンをクリックしても画像が変わりませんので正常に見れません。

「続きを読む」をクリック!
(この下に記事が表示されている場合は、そのまま読んでください。)


続きを読む

広告メールは気軽には送れない

読みたくもない広告メールが送られてくることは多いが、広告メール送付に関しては「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法)」というものがある。

詳しくはこのページに関係する法や説明資料がある。

消費者庁:特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法)

このページのこのpdfが分かりやすい
特定電子メール法のパンフレットはこちらです。[PDF:2.2MB]

広告メール送付程度と軽く考えがちだが、このように法でガチガチに縛られている。
7ページに主要な罰則が記載されているが、思っていた以上に重い罰である。

もう少し詳しいのはこれ
「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」を改正しました。[PDF:1.8 MB]

法律・省令の項目にあるのが法律など


この法に関して、関係官庁である消費者庁に聞いてみた。

1.広告メールに誰の情報を表示する義務のがあるのか

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律4条

当該送信者(当該電子メールの送信につき送信委託者がいる場合は、当該送信者又は当該送信委託者のうち当該送信に責任を有する者)

ちょっと複雑な場合

ケース1:Aさんが個人事業主、雇ったBさん(アルバイト)が責任者 
この場合は個人事業主のAさんの表示事項を表示

ケース2:AさんとCさんはそれぞれ個人事業主で共同で運営
この場合は一番責任がある方の表示事項を表示

具体的な表示事項に関してはパンフレットの「5 表示義務について」が分かりやすい。


2.広告メールに表示事項を記載されていないが教えて欲しいという場合

まず、広告メールを送った際に表示義務項目が書かれていない時点で表示義務違反。
そして監督官庁から表示事項をメールを送付した相手に教えなさいと行政指導(警告・忠告)。それに従わないと行政処分。
総務大臣及び内閣総理大臣による命令。命令に従わない場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金。法人の場合はプラス3000万円以下の罰金。

送信者情報を偽った送信は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金。法人の場合はプラス3000万円以下の罰金。
総務大臣及び内閣総理大臣による命令の対象ともなる。

表記していないならメールを送らないでくださいという事も指導する。これは被害が出ている迷惑メールをまずは止めさせる目的として。


3.問題となる広告メールを受け取った場合の連絡先

日本データ通信協会 迷惑メール相談センター(パンフレットの 8 相談の受付・情報提供について)
総務省 消費者行政第二課(行政処分をする部署とのこと)


~消費者庁に聞いた事はここまで~


今回聞いた消費者庁は法の解釈や説明担当とのこと

違反や苦情処理の法律の手続き論は第7~9条辺りか


他にも、パンフレットを読むと色々規制がある。
例えば、広告メールを送る同意があったことを証する記録を保存する必要がある。
期間は当該送信を最後にした日から起算して一月を経過する日までの間。

パンフレットの「4 同意を称する記録の保存について」が分かりやすい。
罰則は総務大臣及び内閣総理大臣による命令。命令に従わない場合、100万円以下の罰金

つまり、一か月間は記録を保存する必要がありその間に「情報を無くした・消した」となれば違反と。


このように、ロクに調べもせずにいい加減に始めると簡単に法令違反になってしまう。
メールが社会インフラになっていて、膨大な広告メールが勝手に送られてきたり、その対策としてメールアドレスを変えた事を通知するために膨大な手間がかかる事も考えると、厳しくて当然だとは思うわ。


特定電子メールの送信の適正化等に関する法律に関して知りたい事があれば、直接関係官庁に聞くのが良いよ。色々な解説サイトがあるけど、関係官庁に聞くのが一番確実なので。
聞く前に上記の各種資料を読んでおくと話がスムーズに進むので楽だよ。
事前に聞きたい事を用意しておけば、後は市町村役場に「住民票を取るには何が必要でどこに行けば良いですか?」と聞くのと変わらんから。

爆打と鳳凰卓

爆打が特上で九段になり、再び爆打を鳳凰卓で打たせるかどうかの話が出てきているところで開発者からこのようなツイートが。


見ず知らずの他者に対して我慢などさせずに、国公立大学での研究ならば公費で研究費も出るのだろうから、場を作って人を集めてそこで存分に研究をしたら良いのでは。
そのためには相応のお金が必要なのだろうが、お金が無ければできないのは研究に限らず世の常だからお金が無いなら研究は我慢しないとね。



どうなるかも分からない将来を持ち出さずに、まずは今までの結果から人間が効率的に勉強できるものをいくつか示してみたら説得力を持つと思う。
特上で九段まで行っているのだから何らかの優位性はあるだろうから。

天鳳ID流出について

つのブログにこのような記事が:生放送ではIDが画面に映り込まないように「ID保護機能」を必ず使用してください

以前にはこのような事(天鳳IDの不正利用疑惑)が起きている。

そして、その当事者によるツイート
仮に、つのブログの記事がこのツイートに絡む事だとすれば、次のような事が推測される。

天鳳運営に対して、公的捜査機関からこの件に関する適切な照会などがされて、事件性の有無についてのコメントをもらえた。
もしくは、当事者が「公的捜査機関から各所への適切な照会などが行えて、事件性の有無についてのコメントをもらえた」証拠を天鳳運営に提示した。

今回は天鳳を舞台とした事なので前者かねえ。


捜査には、事情聴取もあるでしょうし、接続元やブラウザ、メールの履歴などの提出を求められることもあると思います。

これは当然だよな。事実関係の確認のためだけでなく、(一般論として)自作自演の可能性もあるから、警察としてはこういうことも調べるわな。
このように被害者側にとって更なる負担になる事も起きるので、天鳳IDが画面に映り込まないようにしましょうと。
ID保護機能で簡単に対応できるのだから。

捜査過程で、配信をしてはいけない場所からしている事が関係者にバレて、逆に自分が処罰されるなどのサプライズもあるかも。
勤務先で配信や浮気相手先で配信とかw
それによる修羅場はそれはそれでヽ(´ー`)ノ


で、例えば今回の件で逮捕者が出るなどすると、このような感じで乗っ取りを煽るような配信者なども出かねない。
「ほれほれ、これが俺の天鳳IDだ。使えるもんなら使ってみろwww (使ったら即警察に行くからな(・∀・)ニヤニヤ)」
こういう事をする奴に対しては条件を満たしても、つのは被害回復対策をしてやる必要は無いだろう。逆にアカウント削除くらいで丁度良い。
(今迄も掲示板などに天鳳IDが(その天鳳IDの利用ユーザーにより意図的に)書き込まれた場合には、証拠と共につのに通報した場合にはアカウント削除対象なはずなので、掲示板が配信という形に変わっただけで同じ構造ならば、このような例もまた削除で当然であろう。)
これ程露骨でないとしても、重過失による天鳳ID流出に関しては対策をしませんというスタンスは必要だろう。

そう何度も警察にやって来られたら、悪い事をしていなくても、つのの寿命も縮むだろうしw

縦のかほり

たまにブログでも書こうかと思ったら、契沖とか定家とか二度と使わないであろう情報ばかりが増えていくよ!

【その1】

20170211_01.jpg

四萬 切って 五萬 引いた直後にまた 四萬 を引いている時点で相当怪しい。


20170211_02.jpg

筒子索子塔子が全く動かない状態で後引きの 中 が重なるくらいだから横はほぼ無理。
もうほとんど降りしか見えない。運良くテンパっても和了れんべ。

対面と上には 七萬 は行けるだろ。(上が7巡目に鳴いた後に対面の 四萬 切り)
逆に言えば対面と上は 四萬 が使えないかつ 四萬七萬 が7枚切れてるのだから下も込みで他家は萬子の横はほぼ無い。萬子自体も全体的に安すぎ。
そして俺のところに来ない筒子と索子。
そうなると当然に他家は筒子と索子が濃いわな。
ならば俺のところには今後も来ないと、つまり和了り目はたぶん無し。


20170211_03.jpg

まあこうなるわな。両面が入らない盤面。
暗刻になる四枚目の 中 もツモ筋にあるし、最後の 七萬 までもある。
ツモ筋なんかは今では最早アレな話になるのだろうけど、実際にこうなった事も確か。


【その2】

20170211_04.jpg

はいはい、縦縦。前巡は 五萬赤 ツモ。
でも 九索 をしくったしなと思ってそのまま横へ。


20170211_05.jpg

はい、形の上では七対和了り逃し。一発ツモって倍満だったね。
九索 しくりを気にしないでそこから縦に行ってもドラ2赤2七対聴牌。
聴牌も形の上での話(上手く選べた場合の話)ではあるが、9巡目でもまだ捨て牌と合わせても順子は一つしかできていない、つまりこの局では見立て通り横は失敗と。それも確かな話。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。